欲しい人材はどんな人?適性検査でより良い人材確保!

どんなものがあるの?様々な適性検査の種類とは!

採用試験などで用いられる適性検査には様々な種類があります。大まかに分けてその人の人間性や思考傾向、パーソナリティを数値化して診断する性格・適正検査と、数的な処理能力や論理性などを測定する学力・能力検査の2パターンに分けられます。その中で紙媒体による検査方法とWeb上での検査方法があり、紙の場合は不正のリスクが少なく、Webの場合は検査結果の集計作業が容易であるといったメリットがあります。

適性検査を行う目的は?目的別に使う検査を考えよう!

適性検査には、純粋に会社の採用の選考の材料に使う以外に利用するケースがあります。それは会社や団体などに人を惹きつけるというという目的です。検査結果の提示だけでなく細かな診断内容などを受験者に直接フィードバックすることで、多くの受験者との接触が可能になります。そういった接触機会を作るために検査を行うという会社もあるようです。さらに企業のことを知らなかった受験者などを集めて会社のことをまず知ってもらうためにフィードバック付き適性検査を行う集客のために用いることもあります。

様々な適性検査!その選び方とは?

適性検査を行う目的により、どの検査を選ぶかというポイントは変わってきます。集客や惹きつけの目的の場合はわかりやすい検査であるか、診断結果のフィードバックなどターゲット層の興味を引く内容かという点を重視しましょう。適性や能力の見極めに使う場合はボーダーラインを決めやすい検査を選ぶことが大事です。面接などで見えにくい部分を測定するのが目的のため、ボーダーライン設定は重要であるといえます。ボーダーライン作成には、実際に働いている社員に協力してもらい、その平均をとって間違いやすいポイントやボーダー点数策定の参考にするなどしましょう。

就職活動の際、ESの提出とともにウェブ適性検査を受験させる企業が多いです。種類としては、言語、非言語の2種類に分けられます。