社員研修で大事なこと!学びがあることと復習!

学ぶことができる研修

社員研修で大事なことは社員に学びがあることです。研修をしたのに何も学びがないというのでは、研修をする意味がありません。学びがある研修にするためには内容を絞るといいでしょう。絞ることで研修の内容が薄くなることを防げます。また、そのようにすると、受ける側が覚えやすくなります。研修の時間は限られているので、短い時間で覚えられることは少ないと認識することも重要です。他に学んでもらうために大切なこととして、実践に則した研修にすることが大事でしょう。実践に則していないと、すぐに忘れてしまうからです。忘れてしまえば、思い出すことはほとんどありません。そんな研修にならないように、実践で使えるように工夫するといいでしょう。実践で使うことで、より研修内容への理解が深まることになります。

学びは復習することで身に付く

一度研修をするだけで終わってしまう研修というものが多く存在します。しかし、一度研修を受けただけで研修内容をすべて理解して、実践に適用できる人は少ないでしょう。そうならないためには、研修のあとに復習の場を設けることが大事です。復習の場は、研修が終わって実際に仕事に適用してみたが上手くいかないなどの問題点を洗い出して、別の解決案を生み出す場にもなります。この復習する場がないと、研修でせっかく学んだものが埋もれていく可能性は高いです。あのときにあんなことをやったな程度の研修では研修としては失敗です。また、復習の場を設けるだけではなく、研修で学んだことを思い出せる記憶媒体を残しておくことも重要になります。紙でもデータでもいいので、思い出せる何かを研修を受ける人に渡すことは必要でしょう。

管理職研修は、部下のマネジメントやメンタルヘルスなどの理解を深めるうえで重要な取り組みのひとつです。