小さなお店はアイデアで勝負!オリジナル紙袋でお店の宣伝をしよう

オリジナルショッパーとは?

近年では起業ブームの波に乗って、個人や少人数でお店を開く人が増えてきています。

個人営業のお店は大手企業が経営する店と違い事業規模が小さいため、少ない予算や人員を使ってのさまざまな経営上の工夫が必要です。広告宣伝もその1つですが、できるだけ費用をかけずにお店の宣伝をする方法として今、注目されているのがオリジナルショッパーです。

ショッパーとは商品を包装するための資材のことですが、特に袋ものを指すのが一般的です。つまりオリジナルショッパーとは、その店独自のデザインを施した買い物袋のことをいいます。

包装材を広告ツールに利用する

オリジナルショッパーの中でも特に人気が高いのが、紙袋です。

紙袋は包装材であると同時に、それ自体が商品を持ち運ぶための道具でもあります。お客さんは購入した品物を紙袋に入れ、手に提げたり肩にかけたりして街を歩くことになります。すると周囲の人々の目に留まり、紙袋に印刷された店名や商品名などを知ってもらうチャンスが生まれます。つまり、オリジナルの紙袋はお店の存在をアピールするための「動く広告看板」の役割を果たしてくれるのです。

専門業者に依頼すれば作ってもらえる

オリジナルの紙袋印刷は、多くの専門業者が取り扱っています。サイズも貴金属やアクセサリー向けの小さなものから、スーツやバッグなどが入る大きなものまで各種用意されています。

オリジナルの紙袋を作るには自分でデザインをしなければなりませんが、難しく考える必要はありません。むしろ、シンプルなワンポイントの店名やロゴマークだけの方が、遠くからでも視認できるため却って効果的です。

紙袋の印刷してくれるところを探すと、簡単な項目から選択するだけでどなたでも簡単にこだわりのオリジナル紙袋がオーダー可能なところがあります。