社内SNSって!、こんなことに使えるんです!

社内SNSとはこんなのがあります!

社内SNSとは社内限定のソーシャルネットワーキングサービスのことです。グループウエアとほぼ同じ機能ですが、部署・グループや役職の垣根を越えて、いわゆるコミュニティーを構築し、コミュニケーションを活性させる場を提供するものです。

社内コミュニケーションはこのように使います!

社内コミュニケーションとは、社内で行われる情報のやりとりのことです。会社や組織では、情報の共有が大切です。でも、一人一人の人間の情報処理能力には限界があって、組織では分担が必須となります。そのため、意思決定に繋がる情報処理も分散して行われることになり、たくさんの人が、各自手に入れた情報を、その情報から発見した意味に基づいて決定します。その情報処理のために、人間は情報をお互いに交換し、コミュニケーションを保ちます。社内で行われるこうした情報のやりとりが社内コミュニケーションと言われるものです。

企業内の活性化の方法はこのように使います!

企業内の社内コミュニケーションの活性化は重要な課題で、社内コミュニケーションの不足は、組織における業務効率の低下や個人及び組織のコンプライアンス意識の低下、および社員の離職に繋がり企業にダメージを与えます。企業を取り巻くこのような環境や働く人間の生活スタイルが多様化する昨今は、その変化に追随できるように社内コミュニケーションのあり方とその方法について考慮することが重要です。組織の活性化のためには、企業の大きな方針をビジョンという形でチームに共有することが大切です。その理由は、自分の仕事が社会にどんな影響を与えるのかや、会社にとってどんな意味があるのかや、会社や自分の将来にどういうふうに繋がっていくのかを理解してもらうことで、社会的使命を持てるからです。

社内SNSとはその名の通り社内におけるソーシャルネットワーキングです。社内全員が同じソフトを使用しリアルタイムに情報を共有することができ、迅速に対応することができます。