気軽に学べる!企業でも多く導入されているe-ラーニングって何?

新人の研修を進めるのに便利!

e-ラーニングとは、インターネットを使って研修などを行うシステムのことを指します。企業で研修を行う場合、集団研修であると一人ひとりの進捗状況を把握するのが大変です。しかし、e-ラーニングの場合はインターネット上で一人ひとりの進捗状況を管理することが出来るので、その負担が軽減されます。

また、研修を受けている側に関しても自分のペースで学習を進めていくことが出来るため、わからないところをしっかり理解するまで学習することが可能です。

それに加えて、企業内だけでなく自宅でも利用することが出来ることから、業務外の時間での学習もしやすく、学んだことを定着させやすいというメリットもあります。

e-ラーニングを導入するには?

それでは、企業でe-ラーニングを導入する場合、どのような準備が必要なのでしょうか。

まず必要なのが、「LMS」と呼ばれる学習管理システムです。これを企業のサーバに組み込まないとe-ラーニングシステムを使うことが出来ません。これを行うことによって、利用者全員が教材を見ることが出来るようにしたり、全員の学習の進捗状況が把握出来るようになります。

次に用意するものが「教材」です。教材が無いと利用者が学ぶことが出来ないため、これも用意する必要があります。教材に関してはHTML5やCSS3などを使って作られることが一般的です。

そして、LMSと教材を結びつけるために「SCORM」を用意しましょう。

この3つを用意し、サポート体制を整えればe-ラーニング環境が完成します。

人材派遣会社は本来派遣する社員に対して必要なスキルを教育させた上で派遣されます。派遣のeラーニングはその教育をインターネットなどを通じてオンラインで授業をする会社です。