これまでの人脈を生かして自営の仕事を始める

最初は仕事が少なくても気にしない

自営の仕事を始める時は、仕事の数を気にしてはいけません。始めたばかりの頃は、仕事の数が少なくて焦りを感じるかもしれません。それは仕方のないこととして、受け入れるようにしましょう。実績がないので、仕事の依頼が少ないのは当たり前です。獲得した仕事を誠実にやり遂げて、実績を積み重ねることが大切です。なかなか仕事が見つからないこともあります。そんな時は、自分で営業をしなければなりません。自分のスキルをいろいろな人にアピールすることが大切になります。

自分の知り合いに声をかける

どんな人でも、いろいろな繋がりを持っています。自営の仕事をする時は、そのつながりを大切にすることが必要になります。例えば、会社員だった方は、会社で働いていた時の知り合いに声をかけてみましょう。直接会うのが効果的ですが、メールを出す方法もあります。友人や知人に声をかけるのも忘れてはいけません。その時に大切なことは、自分の提供できるサービスを分かりやすく伝えることです。例えば、Webデザインの仕事を始めた場合は、自分が製作できるサイトについて伝えるようにします。

繋がりを最大限に生かす

上記に書いたような繋がりを生かして仕事をした場合は、それが続くように努力します。多くの仕事は、1回限りではありません。例えば、上記のWebデザインの仕事だったら、定期的に自分が作ったサイトのメンテナンスをしなければなりません。一度仕事を手掛けたお客様には、定期的に連絡して、その人の希望や要望を聞くようにしましょう。それによって繋がりが深まって、新たな仕事の獲得につながることがあります。不満やクレームにも素直に耳を傾けましょう。

フランチャイズは、企業の傘下に入って店を経営することです。店のデザイン等は自由にできませんが、企業のブランド名を使うことができます。店の宣伝をしなくて良いので便利です。