パソコンを売却する場合はハードディスクの取り扱いに注意

単にファイルを削除しただけだと復元されてしまうかも

パソコンを処分する場合はハードディスクの取り扱いが問題になってきます。実はハードディスクに記録されたファイルは、削除したからといって二度と復元できないというわけではありません。ファイルマネージャーで削除した場合はゴミ箱から簡単に復活させることができますし、ゴミ箱に入ったファイルを空にしたとしても、復元用のソフトウェアを用いることである程度元に戻すことが可能です。
そのため、OSはそのままにして、ファイルマネージャーから個人情報に関するファイルだけ削除して売却した場合、次の持ち主が削除されたはずのファイルをすべて復元してしまうこともあり得るのです。

完全フォーマット後にOSを再インストールしよう

では、ハードディスクをどのように取り扱えば記録した個人情報が漏れるということを防ぐことができるのでしょうか。まず、理想的なのはパソコンを売却する際はハードディスクだけ取り外して売ってしまうということです。この方法であれば、ファイルを復元される心配はありません。ただ、当然、売却価格は下がってしまうのでそれは困るという人もいるでしょう。
ハードディスクはそのままに、完動品として売却して利益を得たいというのであればハードディスクを完全フォーマットし、あらためてOSをインストールしてから売るといいでしょう。できれば、フォーマットは一回だけではなく、複数回行うのが理想です。その上でOSを再インストールすれば、もともと保存されていたファイルを復元するのは個人レベルだとまず不可能になります。

機密文書とは、とても重要な文書の事で特に厳重に管理する必要があります。この文書が外に出てしまった場合には大きな問題が発生する事が考えられ、自分や自社だけでなく関係先にまで大きな影響が出ます。